CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
万感の思いつれづれ

春には色々な思いが巡ります。

私達家族が東京の国立市から秩父に戻って丸10年が経ちました。
あっという間の様であり、色々な事があって、まだかと思う事もある。
中学2年生だった長女は昨年、社会人になり
幼稚園児だった次女は新年度から中学3年生。
十年一昔というけれど、本当に10年経つと一巡りするのだな、と実感します。
この、節目の春に両親が揃って、国の伝統工芸士の認定を受けました。
80歳と82歳。
現役の両親の支えあってこその新啓です。
5年前には義父の大病が有りましたが、
その面影もないほど驚くべき回復を果たしました。

大安日の先日、感謝を込めて
親族皆に集まってもらい、会食をしました.
教央氏の姉二人の家族を合わせると総勢16名。うち見事15人が集まりました。
(社会人の甥っ子が仕事の都合付かずで残念ながら欠席でした)

何かと良く集まる我々ですが今回は義母も姉達も新啓の着物で
華やかな一日となりました。

すてきなお食事に、そこここに季節の花のしつらえ。
店主の心尽くしの気配りに感謝。
もてなしの心を堪能しました。

もうすぐ秩父の桜も満開です。
夢と希望と不安をごちゃ混ぜに4人の子供達を引き連れて
東京の暮らしを後にしたあの日を満開の桜と共に毎年、思い出します。

10年の積み重ねと、これから新たに積まれていく日々に思いを馳せて
私達を応援して下さるお客様、見守ってくださる方々を
裏切らない仕事をしていきたいと思います。















 
| つれづれ | 08:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2015味噌作り
先週末のことですが味噌作りをしました。
結婚以来、ほぼ毎年の恒例です。
いつもは子供達がなんとなく手伝ってくれますが
今年は受験勉強に忙しい息子と
バレンタインのチョコ作りに忙しい娘、見向きもしてくれない。

ちなみに昨年は「大豆を煮ている間に私ちょっと美容院に行って来るね、」
と出かけたら思いがけずパーマに時間がかかってしまい、
のりお氏、お一人でミンサー、麹まぜまぜ、投げ入れと
どんどん進めて、私が家に着く頃にはひとりぼっちで片付けをしていました。
「ひとりで作る味噌は楽しくない!」とご立腹。
というか、一人でも出来るんだね、と私の方がびっくりでしたよ。
さすが20年のキャリア!

​ということで、
今年は仲良く、ふたりで一緒に作りました。

先日から水につけてふやかした大豆を寸胴鍋で煮ます。


指で潰れる程になったらミンサーで挽きます。
絹ちゃんがおこぼれを狙って離れません。




終始、味噌作りに寄り添う絹ちゃん。
なんだか、いじらしい。



つぶした大豆と麹を混ぜて
味噌瓶へ投げ入れます。
これに重石を乗せて、半年程寝かせて、天地返し。
秋には美味しいお味噌になるハズです。



 
| つれづれ | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2015明けましておめでとうございます


今年も晴れやかに御来光を拝み、いよいよ2015年が始まりました。
あんなにざわついた、年の瀬の昨日から一転、なぜかリセット完了のような気分になってしまう1月1日。元旦マジックだなぁ。
皆様もどうぞお健やかにお過ごし下さい。本年もどうぞ、よろしくお願い致します。
| つれづれ | 16:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
年の瀬
なんとか工場の片付けと大掃除が済み、
織機も工場の窓も綺麗になりました。
今年も沢山の出会いあり出来事ありで充実の一年でした。
訪ねてくださる方や
つたないブログを読んでくださる皆様に心から感謝申し上げます。
私達がこの地に戻ってきて、10回目のお正月を迎えます。
この時期になると、やろうとして出来なかったあれや、
これを振り返り猛省するのですが、一晩たつと今年こそ!と、
あっさり抱負にすり替えてしまうそんな10年です。
来年も今年こそはのあれやこれやをなんとか形にしていこうと思います。
本年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。



| つれづれ | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハタオト展ご来場ありがとうございました
この度はハタオト展にお越し頂きありがとうございました。
思わぬ遠方からお出でいただいたり、
20数年ぶりの再会に狂乱したり、
泊まりがけで朝一番にお越しいただいたり
ご近所の皆さんが寄って下さったり、
毎年、皆勤で来訪してくださる方がいたり、、、
ほんとにほんとに沢山の誠意の中に幸せな4日間を家族と共に過ごしました。

私達がこの土地に戻ってくる時、父は大変心配をして
この地場産業で食べていけるのか、と、本当に案じていました。
今もその不安はつねに有るのだけど(笑)
でも、10年前にはこんな風な会を家で開く事も
また、来て下さる方がいらっしゃる事も想像がつかなかったと思うと
私達なりの小さな歩みはちょっとづつ前に進んでいるのかな、
と、思えたりするのです。

80代の両親が意欲的に仕事に向かう姿、健康でいる事
私達を訪ねて下さる方が居る事、私達の織物を好きになって下さる方が居る事
すべてが後押しになって、沢山の元気を頂いています。
本当にありがとうございます

今年ご都合が付かなかった方もまた、次の機会にお目にかかれますように







 
| つれづれ | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美しいキモノ 秋号に掲載
久々の更新です。
残暑厳しいですね、大変な豪雨で各地、被害に遭われている方もいらっしゃるかと、心からお見舞い申し上げます。
此のところの気候は異常ですね、何かが激変しているような恐ろしい気さえします。
どうぞ、皆様もお気をつけ下さい。

さて、最近の嬉しいご報告。
美しいキモノ 秋号に今年の新作を掲載していただきました!美しいモデルさんに着て頂いて着物が益々光ります。
ありがたいことです。

そして、本日8/21の朝日新聞のファッション欄に新啓を取り上げて頂きました。
のりお氏の表情がちょっと硬めですが、全国版なので広く知って頂けたら嬉しいです。

子供たちの夏休みも今週でおわり。
色々とイベント盛りだくさんで、少々、夏のお疲れ気味なわたし、自由研究の監修という大仕事が残っているので、まだまだ、休まりません、トホホ。



| つれづれ | 11:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
waza2014展と大雪と


昨日、伝統的工芸品waza2014展、無事に終了いたしました。
足元の悪い中、お越し頂きました皆さま、ありがとうございました。
会期中、かつてない大雪に見舞われまして電車が不通となり私達も組合員も秩父から一歩も出られなくなってしまいました。
売り場に詰めて頂いたスタッフさまと石塚工房のお二人に感謝します。

そして、多くの方に現代の銘仙、秩父の太織りを見ていただけたこと大変嬉しいです。




秩父の雪はそれはそれは大降りで
自宅付近は一晩で1mを越えてしまいましした。
交通網がストップ、あちこちで倉庫やカーポートが破損。山間部では未だに孤立している集落もあり、油断がならない状況が続いています。
そんな中、ご近所同士でいつの間に人力で車が通れるほどの道ができたり。普段、話をしたこともない近所のおじさんと声を掛け合ったり。
こんな状況だからこそ、人との繋がりが、とても嬉しかったです。一人では気が遠くなりそうな雪道も、皆で取り掛かれば道ができるんだ!本当に感激しました。

会期中のwaza展には行けなかったけど、大雪のお陰で、ご近所のパワーに触れられて有意義な経験ができました。

今なお、孤立している方々に、一刻も早く救助の手が差しのべられますよう、切に願っています。皆が無事でありますように。








 
| つれづれ | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
恵比寿講


ここに嫁に来て、色々、新たな風習に驚かせられますが、これもその一つ。

今夜は恵比寿講をお祀りしています。
恵比寿さまは商売繁盛の神様だそうで、
義父は1月の良い日に恵比寿様にお供えをしています。
生魚、てんこ盛りのお豆のご飯、けんちん汁等用意して、通帳やら、何やらを一緒に並べて「今年も恵比寿さま、よく働いてくだされ」と、お願いするのです。
すると、恵比寿様が出稼ぎに行って、ひと働きしてくださるそうですな。
こんな風習、他でもあるのか知りませんが、義父義母は毎年欠かしません。
私が写真を撮っていると、背後から義父が「お父さんが居なくなったら、ノリオとソノエさんがやらなくちゃだから、良く写真に納めとけ、」だそうです。
お父さんがやるから、ご利益があるような気がするんですけどf(^_^)




 
| つれづれ | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
国際交流の巻
のりお氏の従姉にブータンをこよなく愛し、
ブータン専門でツアーコンダクトをしている方がいます。
彼女が現地の友人リンジンさんを連れて我が家に遊びに来てくれました.
リンジンさんはブータン織の名手なのです。
織の実演を見せて頂いたり、民俗衣装を着せて貰ったり。
せっかくなので日本の着物も体験して頂き、小さな文化交流ができました。
民俗衣装って非日常的で夫婦で湧いてしまった。のりお氏、まるで現地の人みたい。
とても似合っていました。

ブータンは今や幸福の国として知られていますが従姉のあっちゃんは20年以上に渡り
ブータンと交流を深めてきた人です。メディアが取り上げないディープなブータンを知り尽くし
今も精力的に活動されています。
遠い遠いテレビの中の幸せの王国がとても近くに感じられ、いつか訪ねてみたいな、と
思いが馳せました。

ご興味の有る方はあっちゃんのサイト
ヤクランドをご覧下さい








 
| つれづれ | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
着物男子登場

先週はきもの男子がご来訪。

昨年、反物をお買い上げいただいたお客様ですが
男性が銘仙というと、大抵地味な柄で収まってしまうのですが
この方、あえて銘仙らしく、と選んで下さったのがこの破れ市松の赤。
わざわざ遠方より見せに着て下さいました。

世の着物男子達よ!
こんな着こなし素敵じゃないですか?!
着物は楽しく着なくちゃ。

今年の夏は奥に掛かっているブルーの市松の綿麻をご予約頂きました。
またまた、楽しみです。

作り手の私達を遥かに超えて新しい息吹を
反物に吹き込んで下さったS様に感謝。
物作りの視点が変わる様な着こなしでした。






 
| つれづれ | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/7PAGES | >>