CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< クラフト見本市 ご来場ありがとうございました | main | 布を作ること >>
WAO工芸ルネッサンス
 






昨年秋に経済産業省の主催で日本の新しい工芸品を世界に発信するという
WAO工芸ルネッサンス」という公募がありました
選出された商品は2月にはニューヨークで展示会があり
3月にはパリでも展示会があります

新啓の銘仙トートバッグも選んで頂きまして
只今、バッグは海外へと旅立っております

そんなものかな、、と思っていましたが
先日のプレス発表によりますと1300点の応募作の中から150点が選ばれたとの事で
改めて、多くの応募の中から選んで頂いたんだ、、と感動した次第です。

本当に単純なトートバッグなので、バッグとしてより生地の力を見て頂けたのではないかと、、
勝手に解釈しております。

なにはともあれ、
パリッ子やニューヨーカーに現代の銘仙を見て頂く機会を得られて嬉しい!

いつか、パリの街を新啓の着物を着て闊歩してみたいな、、と
ふつふつと夢が広がりました。

こちらニューヨークの展示会風景、、ほらそこそこ、うちの子が居ます!


| 世界進出 | 20:48 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんにちは、はじめてコメントを書きます、一普段着キモノユーザーです。

いつも素敵な織物だぁ〜って、興味深くHPやブログを拝見させていただいています。

先週末、ふと思い立って秩父に行き(埼玉県在住なので)、銘仙館に寄りました。本当は新啓さんの工房も見学したい・・・と希望していましたが、乳幼児連れなので断念し、銘仙館の販売コーナーで新啓さんの小物を購入。

同じく普段キモノ友達にもおみやげで渡したところ、「こんな素敵な布でキモノを作ってみたい〜!!」と、2人でかなり盛り上がってしまいました(汗)。

小物も素敵ですけれど、やはり布が一番輝くのは、着物なのかなぁ、と思っています。
今の時代、着る人が少ないので、なかなか難しいかと思いますが、新啓さんのように質の高い織物を、若い人の新しい感覚を取り入れつつ作り続けるところは、本当に貴重です!

機会がございましたら、是非いつか着物を作らせていただこうと思います〜。
| チエゾウ | 2012/03/02 12:35 PM |
チエゾウさま

はじめまして。
嬉しいコメントをありがとうございます!

小物のお買い上げもありがとうございました

布が本来、最も輝くのはまさに着物ですよね。
洗い張り、仕立て直し等を経て又、着る事も出来ますし
次の代へ渡していく事も可能です。
四角い布だから、形を変えても最後まで使い切る事が出来る、
着物ならではの魅力だと思います.

私たちが織りなす布がすり切れるほど最後まで愛され
命をまっとうしてくれたら本当にそれが一番嬉しい事です。

絹の小物は着物を着ない方にも
絹の手触りや感触、光沢の美しさ、
そんなことが、伝わるといいなあ、、と思い、生産をしています。

こんど、秩父へいらっしゃる時は是非、工場へも寄ってください。
お待ちしています








| sono | 2012/03/03 12:36 AM |
sonoさま

早速のお返事ありがとうございます。

そういうお気持ちで作られている布かぁ・・・・・と、新啓さんの布の素敵さが、すとんと腑に落ちた気がします。心がこもった、何とも言えない輝きがある布だと思っていましたから。

昔から和のものに興味があり、最近ふと思い立って着物を日常に着るようにするようになりました。(幼稚園のお迎えにも、家事にも着物です)

すると、なんだか今までもやもやしていた洋服に関する不満がとけたのですね。洋服って、サイズがちょっと変わって着られなくなったり、服地がダメになるサイクルが早すぎるのがイヤだったんです。

着物は衣類の究極のエコです!(笑)

素人なりに、今年は自分で洗い張りや仕立て直しに挑戦しようと思っています。(本当に素人ですけど!)

また今度、工場見学に参ります。よろしくお願いいたします。

| チエゾウ | 2012/03/03 9:43 PM |
チエゾウさま

日常の着物生活!すごいですね!
しかも洗い張りに挑戦とは!!!

ブログも拝見しました。
なんだか、とっても刺激的でした。
時々、のぞかせていただきます!

| sono | 2012/03/05 12:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック