CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ハタオト展 御礼 そして『イッピン』

皆様、先週はハタオト展までお越し頂き、ありがとうございました。

不便な我が家まで、お越し頂けること、本当に有り難く

毎度のことですが感激しています。

お客様の輪の中で義父が機嫌良く、歓談している姿も

いつまでもこんな風でいられたら、と感慨深く義父母の姿にも、元気をもらっています。

 

せっかく、新啓銘仙を着て来て下さったお客様の姿を

撮りそびれてしまいました、申し訳ありません。

まだ、心に余裕があった時間帯にお越し下さった方の

着姿と会の様子をご紹介させて頂きます。

 

大人銘仙のH様。素敵です!

 

秩父のアイドル Sちゃんも新啓銘仙でありがとう!

 

 

銘仙’sのみなさまも、ありがとうございます!

 

 

お茶のはずがいつの間にか、お酒に、、。

 

いつもの武島屋のいなり寿司

小さな営みですが、これからも糸の道を精進して参ります。

どうぞ、今後共、よろしくお願い致します。

今年、ご都合がつかなかった方々も、次の機会にどうぞお越し下さい。

 

最後まで残ってくださったOさんに家族写真を撮ってもらいました。

 

そして、最後にお知らせ!

 

NHK BSプレミアム「イッピン」

11月14日(火)午後7時30分

秩父銘仙特集です!

新啓も取材して頂きました。ぜひ、ご覧下さい。

 

| つれづれ | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017 ハタオト展
日本橋三越の展示会も残り3日となりまして。
10月31日までですので、お近くの方はどうぞ、お立ち寄りくださいね。

で、こちらが終わりますと、地元秩父の我が家でのハタオト展が始まります。こちらの会は工場を見ていただいたり、反物広げて頂いたたり、お喋りしたりの集まりです。
普段は連絡を頂いてから、見学を受け入れるのですが、この期間はいつでも、お気軽にお立ち寄り頂けます。お気軽にどうぞ。
開けっ放しにして居りますので、お寒くないよう、お越し下さいませ。
あ、寒いときに美味しい甘酒、ご用意しておきます!是非!

ハタオト展
2017年11月3日10時半〜5日まで
新啓織物 母屋

埼玉県秩父市中宮地町37-9
0494-22-3140
arakei_orimono@ybb.ne.jp



| お知らせ | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初心にかえって

 

本日初日、日本橋三越に一番にお越し下さったお客様は

このブログの読者さまでした。

こんな、ぼちぼちの拙いブログを読んで下さってて、本当に

有り難うございました。初心に返って、もう少し、マメに

ブログを更新しようと思います。というか、元々、マメでは

ないのだけど私なりにマメに。

 

さて、そういうことで、早速お知らせです

今回のにほんばしきものマーチの企画では、お着物着装体験ができます!

21(土)22(日)の二日間

着付けの先生が着物を着せて下さいます!

しかも、無料!

この機会にぜひ、銘仙を体験してみて下さいませ。

詳しくはこちらにお問い合わせを。

03-3274-8328(本館4階 華むすび直通)

 

そして、27日(金)4時からは教央氏によるトークショー(笑)

もあります。こちらも、お暇でしたら〜。

| つれづれ | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ありがとうございました。そして、次の銘仙の展示会









先日は横浜三渓園、手仕事に遊ぶ錦秋展にお越し頂き、ありがとうございました。
いつの季節もここから眺める、お庭は美しく。雨も夕暮れも、ずーっと、佇んで居たいような、そんな空間でした。
多くのお客さまにお越し頂けて、嬉しかったです。新啓銘仙を着てご来場頂いたり、作り手冥利に尽きます!ありがとうございました!
そして、初めましての出展者さんとも交流できました。若手の作家さんも多く拝見するのも楽しかった。
また、来年、ここで皆様に再会出来る事を楽しみにしています。

さて、三渓園にご都合つかなかった皆様には明日からの日本橋三越でお目にかかれたら、と思って居ります。

10/18(水)〜31(火)まで
日本橋三越本館4階きものサロンにて

ノリオと園恵で交代でお店にいる予定です。
初日10/18(水)は園恵が居ります。

それも、ご都合つかないときは

ハタオト展
11/3(金)~11/5(日)
新啓織物 母屋にて

こちらは工場を見学していただいたり、お喋りしたりの会です。

お待ちしていまーす!

| お知らせ | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DENSANザ・職人展のお知らせ

お盆休みは皆様、いかがお過ごしでしょうか?

秩父は連日、薄曇りのはっきりしないお天気が続いています。

それでも、トンボは行き交って季節の移り変わりを知っているのだなぁ、と感じ入るこの頃。

あちこちのテレビ局で秩父の紹介があってか、観光客の方は例年になく多い様に感じます。

さて、そんな夏真っ盛りな今週末から

青山スクエア開催の「DENSANザ・職人展」に出展します。

お近くに御用がありましたら、ぜひ足を延ばして下さいませ。

 

西武秩父駅で絶賛発売中のハタオトのハンカチも持って行きます!

しかも未発表の新配色のものも有りますよ。

教央氏は18日19日のみ会場に居ります。

 

DENSANザ・職人展 in 青山スクエア

 

8月18(金)〜23(水)11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

 

 

| お知らせ | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カタコトの会 お知らせ

 ハタオトの次は 「カタコトの会」のお知らせです。

 

 「カタコトの会」は物作りを通じて、交流してきた方達と

新しい試みとして、立ち上がった会です。

型紙や物作りと云うつながりを持ちながら、

それぞれが違う立場で活動をしていますが、

今回は各々が作品を持ち寄っての、作品展になります。

 新啓は装丁家 熊谷博人氏とコラボレーション、

氏による図案で新柄を展示致します。

各日、トークイベントや、体験会もあります。

2日(金)は教央氏のトークです。

30日(火)3日(土)4日(日)は午後から会場に居る予定です。

どうぞ、お越し下さい。

 

場所 江戸からかみ東京松屋4階

日時 5/30(火)〜6/4(日)11:00〜18:00(最終日は17:00迄)

入場無料

カタコトの会のFBはこちらから

 

 

 

 

 

| お知らせ | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新啓 ほぐし織り「ハタオト」ブランド誕生

秩父の新緑も日増しに色濃くなっています。

みなさま、大変お久しぶりです!

 

しばらく、体調を崩しましてSNSから遠ざかっておりました。

命に関わるようなことでは有りませんので、ご心配なく。いわゆるお年頃ですかね?

 

この時期、毎年横浜三渓園「日本の夏じたく」のご案内をしていましたが

今年から秋の会「手仕事に遊ぶ錦秋」(10/6〜8)のほうへ出展することとなりました。

どうぞ、秋の三渓園へもお運びください。

 

さて、この春、秩父は大変なにぎわいでした。

西武秩父駅リニューアルに伴い、祭の湯という駅併設の温泉施設ができまして

お土産売り場も全く新しい形になりました。

なんと秩父美人屋台と言う売り場が出来まして、

そこに新啓も銘仙グッズと

新しくできたカジュアルブランド『ハタオト』を置かせて頂いてます。

この『ハタオト』は銘仙と同じほぐし織りという技法で織っています。

タテ糸に柄を手捺染し、そこにヨコ糸を織り込んでいく、先染めの織物です。

銘仙は絹で製織していますが、この『ハタオト』は綿素材を中心にしています。

よって、気軽にお洗濯ができます。

アイテムはハンカチ、ポーチ、バッグ、ストールなどなど、

どうぞ、秩父へお越しの際は美人屋台のハタオトをお手に取ってくださいね。

芝桜は見頃を終えましたが、これからは私イチ押しの皆野のポピーの季節です。ぜひ!

 

IMG_4774.JPG

 

IMG_4759.JPG

| 最近のお仕事 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハタオト展御礼 次は日本橋三越です

今年もハタオト展を楽しく過ごす事が出来ました。遠くからお越し頂いたり、20年ぶりの再会があったり、毎年、皆勤の方が居てくださったり。

新啓銘仙を纏って、来てくださる方々も!

我々の小さな歩みにお付き合い下さり、本当にありがとうございます。

 

これを糧にまた、元気に前に進めればと思います。

 

明日19日から11月1日まで日本橋三越本館4階の着物サロンにて、展示販売となります。出来るだけどちらかが、売り場に居るようにします。

期間中、きものサローネのイベントも有るようです。

是非、お立ち寄り下さいませ。

 

お茶請けはいつもの武島屋の稲荷寿司と、地のものを。

サンフランシスコから

突然のお客様とタイミング良く久喜市長登場!

賑わったり。JK着物でお茶係り

20年ぶりの再会に花束を頂く

| 最近のお仕事 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
婦人之友 11月号に!

ハタオト展を数日後に控え、バタバタと準備に追われています。

準備の最中はいつもザワザワした気持ちになりますが、今回は

もうひとつザワザワがあって、落ち着きませんでした。

 

「婦人之友 11月号」の特集記事に新啓の私達が取材を受けまして、

それが、明日10月12日発売なのです。

この特集、暮らしになじむモノ選び というテーマですが

園恵さんのモノの選び方のルールを取材させてください、と編集部から

連絡を頂いたときは、本当に汗が出る程、焦りましたよ

 

婦人之友といえば友の会というスーパー主婦を全国組織にもつ114年の歴史を誇る雑誌。

ルールは読者の皆さんの方がずっと、ちゃんとしたものをお持ちの筈。

 

せっかく婦人之友 編集部が自宅に来て下さるなら、

スーパー主婦の井田典子さんに来てもらって

私の堕落した主婦業をばっさり斬ってほしい位です〜。

など御託を並べながら、取材、撮影を済ませました。

一生懸命、片付けをしたのはいうまでも有りません。

 

で、結局ルールって、有ったのかなと振り返ると、、、

 

ぜひ、婦人之友 11月号でご覧下さい。こちら婦人之友のブログです。

http://www.fujinnotomo.co.jp/magazine/fujinnotomo/f201611/

 

ハタオト展でもご覧頂けます(裏話付き笑)ぜひ、お越しくださいませ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハタオト展

10月14日(金)〜16日(日) 新啓織物 母屋にて

工場をご覧頂いたり、反物を見て頂いたり、

おしゃべりしたりの会です。

お気軽にどうぞ。

 

 

 

 

| お知らせ | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
銀婚式よ。

私事ですが9月某日、結婚25年を迎えました。

今まで、記念日どころじゃなく、慌ただしく過ごしてきましたが

銀婚式はさすがに25年に一度の一大事なんじゃない?と、

盛り上がりまして、これはちゃんと過ごしてみようということになりました。

まずは結婚式をあげて頂いた、根津の聖テモテ教会を尋ねました。

ここには当時、女子寮があって、学生の時、暫くお世話になった場所でもあります。

現在は「ぶどうのいえ」という、病気入院してる子供と家族の為の滞在施設になっています。

若いお母さんたちが多く出入りしていて、

私たちは外から礼拝堂を眺めさせてもらいました。いや〜懐かしい。

近くには根津神社があります。こんなに立派な神社さんだったかしら、

と、自分の記憶の曖昧さに苦笑。

テレビ撮影があり、林修先生が神社の解説していました。

さて、お次は歩いて上野まで、途中、評判のカヤバ珈琲でお昼を頂き、

谷中辺りをウロウロ、今度はウドちゃんとタレントさんたちが撮影中、

遠巻きで眺め、芸大美術館へ。

と、日比野克彦氏とお喋りしている三田村先生を発見!

三田村先生は芸大の工芸の教授、一昨年、学生を連れて我が家の見学にもお見えになりました。

日比野氏は遥か昔、私がJKだった頃、グラフィック大賞を受賞した憧れの時の人。

札幌パルコの個展に伺いサインをねだりました。という、ほんのり甘い思い出の方です。

三田村先生にご挨拶をさせていただいた後、

驚きの明治工藝」という、展覧会を観賞。明治期の超絶技巧にしばし感嘆しました。

そして最後のイベント、上野精養軒へ。

こちらは正に25年前のこの日、親族のみで披露宴をあげた場所です。

眺めの良い席でフルコースを頂き、メインの頃には胸もお腹も一杯でパンク寸前。

夫婦二人で食事をゆっくりする事なんて、ほぼ皆無な我々。

まさかこんな風に振り返る時期が来るとは想像していなかった。

しかも、色々な方をお見かけし、なんとなく、ついている気分満々。

 

沢山の方にお祝い応援して頂き二人の生活はスタートしましたが

当時の私たちはあまりにも若くて、

色々、至らなく不義理も失礼もあったと思います。

気がついたら25年も経って、当時は曖昧だった将来の道は

秩父で織物業に従事する暮らしへと続きました。

今日一日一日の、積み重ねが明日を、作ること。

それは二人だけでは出来なくて、沢山の方々に支えられていること

言葉では言い尽くせない感謝の気持ち、この日の事をブログに記しておこうと

思い切って綴りました。

その節、お世話になった皆様、ありがとうございました。

そして、今も見守って下さる皆様、

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

| 嫁のたわごと | 06:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/20PAGES | >>